「オタク」の婚活に最適な服装とは?

「オタク」の婚活に必要なことは?

初めての「オタク」のお見合いや婚活パーティー、申込みが終わってから次に立ちはだかるのは、

「当日ってなに着て行けばいいのか?」
「他の人から浮いたらどうしよう!」 

という、服装の悩みですよね。

「そもそもオタク婚活お見合いやパーティーに着ていく服を買いに行く服がない!」という方も多いのかもしれないですね。

と、その前に、当然服装を清潔感のある無難なものを着用するのも大事なことなのですが、それよりも重要なこととして「笑顔」を忘れないということが重要になります。

「笑顔」が重要な理由とは?

婚活お見合いやパーティーなど、初対面の方のどこを見ますか?

当然、顔、目、服装・・・などパッと見た感じで、第一印象は決まります。なので、不潔だったり、寝ぐせのままだったり、奇抜な服装だったり・・・とういうのは、もちろんNGですが、あくまでも、第一印象の話です。

第一印象でほぼその人の印象は決まってしまうので、それも重要なのですが、それに加えてやはり「笑顔」でいることは重要になってきます。

実際話してみて「見た目と違ってとても話しやすかった」とか「ニコニコしてて、感じが良かった」と、服装などはある意味後から修正が効きますが、その人となりはなかなか印象を変えるのに時間がかかるでしょう。

最終的にお付き合いしたいか、したくないかは、やはり人柄重視の方も多いのではないでしょうか・・・。

すごくキレイでツンツンした女性が必ずしもモテるという訳ではないですよね。

男女問わず、まずは笑顔で穏やかに接するということがまずは重要になると思います。

自信がない人は日頃のコミュニケーション(家族、仕事、友達などすべての会話)において、「自分は笑顔で会話のキャッチボールをできているかどうか?」を振り返ってみて、出来ていない場合は、笑う練習をしておいた方がいいと思います。

「オタク」の婚活にふさわしい服装とは?

まずは、基本的なことですが、清潔感がある服装は死守してほしいと思います。

  • 服にアイロンをかける
  • サイズの合った服を着る
  • 2ヶ月に1度は美容院に行く

婚活パーティーの場合

実際の婚活パーティーでは、意外かもしれませんが、意外とラフな服装で来ます。せっかくお金と時間をかけてパーティーに参加するんだから、ちゃんとモテる服装をしたいという気持ちもあるでしょう。

しかし、あまり頑張りすぎると周りから浮いて恥ずかしいことになります。

男性はジャケットがせいぜいで、スーツ姿の人はほぼいません。

女性はワンピースの人は1〜2割程度しかいませんでした。

その中でも、結婚式の二次会やホテルのレストランに行っても恥ずかしくないレベルのワンピースはあまりいません。

婚活お見合いの場合

婚活パーティーは、複数対複数なのでそれほどきちんとした格好じゃなくてもいいですが、これが婚活お見合いの場合は1対1になりますし、ホテルなどでお茶をする場合もありますので、正装が無難かもしれませんね。

男性の場合

7つのNGファッションです。

お見合い当日はどれにも当てはまらないようにしましょう。

  1. 昔買ったスーツ:トレンドは毎年変わります。そのスーツダボダボではないですか?
  2. よれよれスーツ:仕事で着ているスーツは手で持ってくしゃくしゃになってしまっているため、注意が必要です。
  3. 登山用バックパックor手ぶら:TPOに対応できない男性は「子供みたい」とお相手に思われてしまいます。
  4. スーツの下に白い靴下:学生のような印象になり、女性からの評価が低いようです。
  5. スニーカーorくたびれた靴:ファッションは足元からです。女性はあなたの靴を見ています。
  6. ジーンズや襟無し:ジーンズや襟無しでお見合いに来る男性は真剣さを感じないようです。
  7. 寝癖やポサボサな髪、無精ひげ:女性に最も好まれない男性は清潔感がない男性です。

女性の場合

少しでも自分を綺麗に見せたいのが女心ですが男性のほとんどがナチュラルな髪型やメイクを好みます。初対面であるお見合いの席では常にナチュラルを心がけましょう。気合が入りすぎてメイクが濃くならないようにご注意を下さい。ナチュラル=手抜きということではありません。自分の肌色に合った明るさのファンデーション、アイシャドウを選びチークはほんのり色づく程度が男性受けします。

お見合いではパンツよりスカートの方が一般的ですが、普段スカートは履かない、好きじゃない方は無理せずパンツを選択しましょう。ただ、カジュアルな着こなしにならないように注意が必要です。イメージ的には「結婚式の二次会」のような服装です。また、奇抜な色のストッキングやタイツは男性に好まれません。タイツならネイビーや黒などのダークカラー、ストッキングならナチュラルなベージュが適当です。手荷物は最小限を心がけましょう。

「オタク」色が強い服装はNG

男性だと黒字に白でゴシックっぽい模様や十字架モチーフの柄がゴテゴテ描かれている服の人を1パーティ1人は見かけますが、あまりモテません。

女性だといわゆるレースだらけのお姫様調などは避けた方が良いです。ゴスロリ、ロリータファッションも同様です。

これらの服装がモテない理由はなんでしょうか?

答えは、多くの参加者が「ぱっと見はオタクに見えない人」との交際を望んでいるからです。

「オタクしかいないオタク婚活パーティーだからいいじゃん」と思う人はよく考えてください。

「オタクな人がいい」と「オタク丸出しな服装の人がいい」は違いますよね。

ただし、ご自身のファッションにこだわりがあったり、それを理解してくれる異性との出会いを求めているならば、それはそれでいいかと思います。

服装も大事ですが、「笑顔」も忘れずに楽しむことも重要ですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です